カタログ・ホワイトペーパー ダウンロードはこちら

カタログボタン
ホワイトペーパーボタン
アプリケーションノートボタン
マニュアルボタン

※ソフトウェアをご希望の場合はお問合せください。

カタログ

フローナノアナライザー【NanoFCM】

ナノ粒子解析の最新版製品カタログをぜひご覧ください。研究のお役に立てますと幸いです。

ホワイトペーパー

単一細胞外ベシクルのサイズ分布と濃度決定のための無標識分析

 これまでEVに含まれるmRNA、miRNA、タンパク質などの分子特性や、標的細胞との相互作用を決定する脂質二重膜上の特定のマーカーが注目されていましたが、粒子の物理的性質は細胞間のコミュニケーション媒介など、EVの挙動に影響を与える可能性が示唆されています。

NanoFCMフローナノアナライザーを使用してEV粒子の物理的性質評価を行いました。

細胞外ベシクルのタンパク質プロファイリング

 これまでの研究では、テトラスパニン(CD9, CD63, CD81)がエクソソームの特異的なマーカーであることが示されていました、最近の研究では、テトラスパニンがマイクロベシクルやアポトーシス体にも存在することが明らかになりました。

NanoFCMフローナノアナライザーを用いて内在性の蛍光EVと蛍光標識されたEVの評価を行いました。

血漿中の細胞外小胞の核酸・脂質分析

RNA、DNA、タンパク質、脂質、代謝物などを含む小胞状のカーゴは、EVの内部や表面に存在しており、受容体細胞に移行し多元的な応答を示すことが知られています。

EV内のmRNAとmiRNA、およびEV表面の脂質を標識した試料をNanoFCMフローナノアナライザーで個別粒子の解析を行いました。

癌の早期診断のための細胞外ベシクル

 EVは疾患のバイオマーカーや治療標的として機能する可能性があり、癌患者から得られたEVに存在するカーゴ分子をより深く理解することは重要です。

NanoFCMフローナノアナライザーを用いて、がん細胞株から抽出されたEVと通常の大腸細胞株から抽出されたEV、および大腸がん患者と健常者の血漿から抽出したEVを識別しました。

アプリケーションノート

核酸医薬分野における活用事例(NanoFCM フローナノアナライザー)

核酸医薬分野における活用事例

核酸医薬は天然型ヌクレオチドまたは化学修飾型クレオチドを基本骨格として化学合成により製造され、遺伝子発現を介さずに直接生体に作用することを特徴とする薬物です。
本著では、NanoFCMを用いた核酸医薬解析におけるさまざまな測定事例をご紹介します。

NanoFCM フローアナライザー

ナノメディシン ナノサイズ医薬品のための包括的な測定

ナノメディシンの粒子径、薬剤含有量、薬剤封入効率、粒子濃度、表面リガンド密度を単一粒子レベルで決定できる、NanoFCMフローナノアナライザー。ナノメディシンの包括的な特性評価についてご紹介しております。

マニュアル

Nnano FCM【フローナノアナライザー】 マニュアル

サンプル測定の手順やデータ解析・レポート出力なども詳しく掲載した取り扱い説明書です。

PageTop