自動サンプル処理システム(ROBOT)

ROBOT 自動サンプル処理システム

ロボットによる高効率サンプル処理<ROBOT>

ROBOTは、EVの基礎研究とEVベースの診断開発の初期段階に焦点を当てています。EVの分野では、診断用のサンプル精製を大規模に行う必要性が高まっており、新しい解決策が求められています。1日に何百ものサンプルを処理できるようにするため、私たちはロボットを利用することにしました。

このシステムを使用すると、qEV Singleでは24サンプル、qEV Original / qEV1では12サンプルを同時にEV精製することができます。

また、現在96サンプルのシステムも開発中です。ロボットをカスタマイズしてRNA抽出やその他のサンプル処理ステップを実行できるようにしています。

関連製品

カスタマイズ可能な大容量クロマトグラフィーシステム <qEV ZENCO>

qEV ZENCO

qEVは超遠心分離よりも簡単に高いEV精製が可能ですが、qEV100のような大型カラムにおいても、さらに簡単に、かつシステマティックに精製が行えるようにしたいと考えました。

qEV ZENCOクロマトグラフィーシステムでは、内蔵UV検出器でリアルタイムのEVとタンパク質のピークを検出することが可能です。
また、pH検出器で洗浄手順をモニターし、次のサンプルを実行する前に、酸が完全に洗い流されたことを確認できます。

時間短縮と効率化で、研究スピードアップ!<qEV PRIMERA>※近日リリース予定

qEV用クリーニングシステム<qEV PRIMERA>
qEV PRIMERA

qEVカラムの使用前・使用後のクリーニングは時間がかかるものでした。しかし、この問題をqEV PRIMERAがスムーズに解決します。

AFC オートフラクションコレクターでは1本ずつカラムを洗浄しますが、qEV PRIMERAでは、qEVカラムのプライミングや洗浄を1度に最大4本までのカラムを洗浄できます。そのため、qEV PRIMERAとAFCを組み合わせることで、1日に処理できるサンプル数を増やすことができます。

医療機器の品質マネジメント国際標準規格 ISO13485 を取得
品質が保証された、細胞外小胞抽出カラムです

qEV
qEV 細胞外小胞抽出キット

カラム内部にはポリマーのメッシュがあり、そのメッシュの表面には無数の小さな穴が開いています。適正抽出サイズより大きな粒子はメッシュで遮られるため通過が遅れ、適正抽出サイズより小さな粒子はメッシュ表面の穴に入るため、通過が遅れます。 マニュアル通りのタイミングで回収することで、誰でも簡単に細胞外小胞の抽出が行えます。

EV自動回収装置抽出~クリーニングまで自動、細胞外小胞抽出作業がより簡単に!

AFC オートフラクションコレクター

qEVカラムの簡便で迅速な性質により、qEV分離は最も⼀般的なEV分離⽅法の1つです。qEVカラムをAFC(オートフラクションコレクター)と⼀緒に使⽤すると、効率、再現性がさらに向上します。

AFC(qEV オートフラクションコレクター)は、分離プロセスをガイドし、⾃動容量測定と収集の貴重な要素を導⼊します。AFCを使⽤すると分離が発⽣している間も他の作業を進めることができるため、1⽇の貴重な時間を節約できます。

治療研究用と診断研究用のための細胞外小胞(EV)分離の未来がここにあります

大容量EV精製システム(PurePath) 診断用・治療用
スケールアップEV精製システム (PurePath)
治療研究用/診断研究用

qEV PurePathサービスはカスタマイズを中心に展開され、EV分離に関する当社の深い専門知識によって実現されています。qEV PurePathワークフローの中心となるのは、qEVサイズ排除カラム技術です。純度の高さで知られるqEVテクノロジーは、すべてのqEV PurePathワークフローにおいて、信頼性が高くカスタマイズ可能な基盤として機能します。qEVテクノロジーは、EV治療薬とEV診断薬のそれぞれ異なるニーズを考慮し、2つの異なる方向性に舵を切りました。

1粒子毎のゼータ電位・粒子径を同時測定

ナノ粒子マルチアナライザー (Exoid)
ナノ粒子マルチアナライザー(Exoid)

Exoidの単一粒子測定技術 TRPS(Tunable Resistive Pulse Sensing)では、粒子サイズとゼータ電位に関する懸濁液中の情報を粒子毎に同時測定し、マルチモーダルで多分散サンプルでも正確な解析ができる、唯一のテクノロジーです。

アズワンで販売中

PageTop